メチルフェニデート

メチルフェニデートは覚せい剤と類似した構造を持ち、
同様の中枢神経興奮作用を発現する。
一般的には軽度のうつ病や抑うつ性神経症などの
治療薬として使用されているが、その作用から
覚せい剤と同様に乱用されている。
乱用者の中には病院で直接処方を希望したり、
ナルコレプシーの症状を訴えて処方を希望するなどの
方法で入手する者もいる。

ペンタゾシン

ペンタゾシンはモルヒネのような依存性を持たない
鎮痛剤として開発されたものであるが、現在では
長期連用による依存性が報告されている。
これは皮下または静脈に注射して使用する。
モルヒネ同様の作用があるといわれ、
使用されるケースがあるが、特に医療関係者の
乱用が報告されている薬物である。

メタカロン

メタカロンは本来インドで抗マラリア剤として
製造された向精神薬の一種である。
その後、日本にハイミナールという名前で
鎮静・催眠剤として発売されていたものである。
快感、陶酔感が得られ、性欲も昂進することから
いわゆる「睡眠薬遊び」によって乱用されるケースが目立ち、
現在では医薬品としての使用はされていない。

ベンゾジアゼピン系薬物

ベンゾジアゼピン系薬物は、世界中で最も
繁用されている薬物郡の一つである。
抗不安剤、精神安定剤として用いられる場合と、
鎮静・催眠剤として使用される場合がある。
これは大変安全性の高い薬物であり、単独使用での
死亡例はまれであるが、バルビツール酸系薬物同様
アルコールや他の中枢神経抑制剤との併用によって
抑制作用が増加し、大変危険なものとなる。

バルビツール酸系薬物

バルビツール酸系薬物は、鎮静・催眠剤として
現在では50種類程度が医薬品として使用されている。
以前は非常に安全な薬物といわれていたが、現在では
様々な問題が指摘されている。
アルコール摂取した時と同様の作用を生じるために
娯楽目的での使用で乱用されるケースが多く、
また、病気の治療に処方されているうちに乱用に陥るケースもある。

向精神薬

向精神薬とは、広く中枢神経系に作用し、
精神機能に影響を及ぼす薬物全般を指す。
鎮静、催眠、精神安定、興奮、幻覚発現などの作用を
及ぼす薬物はすべて向精神薬にはいり、
大部分は医薬品として広く使用されている物である。
しかし、若者等により医療ではなく陶酔感を得る目的などで
乱用されるケースが多発し問題となっている。

PCP

PCPは本来米国で鎮痛・麻酔薬として開発されたもので
麻酔薬として使用されていたが術後の視覚異常や精神錯乱が
問題視され、医療での使用が禁止となっている。
一般的にはタバコなどに混ぜて吸引する方法でしようされる。
フラッシュバックなどの副作用が発生し、時には精神分裂病と
同様の精神障害を引き起こす可能性がある。

サイロシビン・サイロシン

サイロシビン・サイロシンは、いわゆる
「マジック・マッシュルーム」の成分で、
LSDと同様の幻覚作用を示す。
近年それらは合法ドラッグとして流通していたが
2002年マジック・マッシュルームは麻薬原料植物に指定され、
麻薬及び向精神薬取締法で規制される事となった。

メスカリン

メスカリンは本来メキシコなどに生育している
ピヨーテと呼ばれるサボテンの一種から精製され、
古くから先住民族などが使用していたものである。
現在使用されているものは化学合成されたもので、
その作用はLSDと同様であるが、多様の服用量が必要で
使用後1時間程度で幻覚が始まり、半日程度持続する。

クラック

塩酸コカインに水と重曹を加えて加工した
油状の有利型コカインの一種である。
吸引使用され、瞬時に作用するが作用時間が短く、
すぐに抑うつ状態になるため継続使用され、
重篤な中毒状態に陥るケースが多い。

幻覚剤

幻覚剤は、中枢神経系に作用して正常な知覚、思考、
自己認識を妨害する神経異常発現薬の事である。
現在では20種類以上の幻覚剤が麻薬に指定され、
取り締まられており、主なものはLSDやMOMA
と呼ばれているものである。
また、幻覚剤は医療用としては認められていない。

フリーベース

コカインを塩酸塩にしない吸引用遊離型コカインの一種である。
作用は瞬時であるが持続時間は大変短い。

モルヒネ

モルヒネはあへんあるかろうど系麻薬の一種で
一般には中枢神経抑制薬として医療用の
麻酔などに使用されている。
しかし中毒となると激しい禁断症状に襲われる。

ヘロイン

ヘロインはモルヒネと同じアルカロイド系麻薬の一種で
モルヒネに無水酢酸を加えて合成したジアセチルモルヒネ塩酸塩
の商品名である。
モルヒネよりも強い作用があり、作用時間が短いため
使用頻度が多くなりがちで慢性中毒に陥りやすい。
また、禁断症状もモルヒネより強烈である。

LSD

LSDはリゼルギン酸ジエチルアミドで、最も強烈な幻覚剤といわれている。
持続時間が長く、耐性、依存性の形成は他の麻薬と比較して強くない。

【PR】

  • 繝弱い繝ウ繝縺ョ蝪励j譁ケ縺ッ邁。蜊假シ溘さ繝縺ィ縺九≠繧九ョシ
  • });

    繝弱い繝ウ繝縺ッ繝ッ繧ュ豎怜ッセ遲悶ョ繧、繝。繝シ繧ク縺悟シキ縺縺ィ諤昴>縺セ縺吶′縲∵ア励r縺翫&縺医k莉慕オ縺ソ縺ィ縺励※縺ッ菴薙ョ縺ゥ縺ョ驛ィ菴阪↓繧ょ酔縺倥%縺ィ縺瑚ィ縺医∪縺吶

    螯雁ィ荳ュ縺ァ繧ょョ牙ソシ溘ヮ繧「繝ウ繝縺ョ繝槭槭↓繧ゅ≧繧後@縺謌仙縺ィ縺ッシ
  • 繝ッ繧ュ繧ャ縺ョ蜴溷屏闖後′郢∵ョ悶@繧縺吶>蟆ア蟇晏燕縺ォ蝪励▲縺ヲ縺翫¥
  • img.emoji { (function (i, s, o, g, r, a, m) {

    縺ァ繧ゅ√◎繧薙↑譎ゅ↓髯舌▲縺ヲ謖√▲縺ヲ縺上k縺ョ繧貞ソ倥l縺溘j縺励∪縺吶

    縺ァ縺吶′縲∽サ翫↑繧峨ヮ繧「繝ウ繝繧貞ョ壽悄繧ウ繝シ繧ケ縺ァ雉シ蜈・縺吶k縺ィ縲∝ーら畑繝斐シ繝ェ繝ウ繧ー繧ク繧ァ繝ォ縺ョ繧ッ繝ェ繧「繝斐シ繝ォ繝「繧、繧ケ繝医′繧ゅi縺医∪縺吶